製品
NS多目的テストコンポーネント
NS多機能テストコンポーネントの使用手順 使用範囲:液体試薬、ソース(トマトペースト、塗料など)、粉末(コーヒーなど)などのテストに使用できます。 1.コンポーネント構造

NS多機能テストコンポーネントの使用手順

使用範囲:液体試薬、ソース(トマトペースト、塗料など)、粉末(コーヒーなど)などのテストに使用できます。

1.コンポーネント構造

図1および2に示すように、NS多機能テストコンポーネントの構造は次のとおりです。


 

図1 NS多機能テストコンポーネントの概略図

2.使い方

NS多機能テストコンポーネントの使用方法は、図1および図2に示すように、次のとおりです。

1.測色計は最初に白黒のキャリブレーションを実行します。キャリブレーションが完了したら、測色計のメインメニューに入り、[表示設定]-> [ディスプレイの反転]をクリックして開き、画面を上下逆に表示して、後で簡単に操作できるようにします。

2.固定プレート7が腰の穴に沿って上下に移動できるように固定ネジ7をゆっくりと緩め、固定プレート7ができるだけ低くなるようにします。固定ネジ7を緩め、固定ネジ7を緩めて、固定ネジ7の前端をネジより少し低くします。固定ベースの端面9。

3.色測定器3をベース1に入れ、色測定器をできる限り中央に配置し、色測定器3の左側(M5ねじ面)をネジ固定シート9の端面に密着させ、色測定器3のM5を密着させます。固定ねじ穴とねじ固定台座9の穴位置を合わせ、測色器3の測定口径側の段差面を黒キャビティ底板4の底面に近づけ、固定板7の位置を上方に調整し、ねじ8を締め、ねじ2を締めます。

    注:比色計がしっかりと固定されていることを確認してください。また、比色計の測定アパーチャ側のステップ面が黒いキャビティの底板の底面に近いことを確認してください。

4.サンプルの特性に応じて、適切な容量のサンプルカップを選択し(Φ60mmサンプルカップ51、Φ35mmサンプルカップ52を使用できます)、テストするサンプルをサンプルカップに入れ、次にテストするサンプルを含むサンプルカップを黒に入れますキャビティの内側で、黒いキャビティカバープレート6を覆い、色度計のテスト方法に従って色度データを測定します。

5.測定が完了したら、サンプルカップを取り外し、ネジ2、8を順に緩め、比色計を取り外し、比色計を安全な場所に保管します。ネジ2と8を所定の位置に置き、NS多機能テストアセンブリを適切に保管します。

 


 

図2比色計とNS多機能テストコンポーネント間の連携の概略図

3、注意が必要な事項

1.色測定器3をNS多機能テストコンポーネントに取り付ける前に、色測定器は最初に白黒プレートのキャリブレーションを完了する必要があります。

2.測色器3を設置するときは、測色器の測定口径側の段差面が、黒いキャビティ底板4の底面に近いことを確認してください。

3.測定プロセス中、サンプルカップを測定用の黒い空洞に入れるときは注意が必要です。サンプルが外部に飛散したり、比色計のレンズや内部の光路が汚れたりしないようにしてください。そうしないと、比色計が正しく機能しません。

    測色器はNS多機能テスト部品に組み付けてありますので、長期間使用しない場合は測色器の保護カバーと黒色の空洞カバーを装着して測色器を保護する必要があります。

4.サンプルカップに傷や汚れがある場合は、時間内に交換する必要があります。交換しないと、テストの色度データの精度に影響します。

5. NSマルチファンクションテストコンポーネントを使用してサンプルを測定する場合は、ソフトウェアで使用するホストコンピューターを接続することをお勧めします。

6.カラーメーター画面が上下逆に表示されるように設定されているので、操作がより便利になります。


 


NS多機能試験組立・測色器組立工程

注:バージョン2.0の多機能テストモジュールには、より高い操作性、より広い視野、より安定した固定、より正確な測定、およびより人間化があります。

Skype

Chat OnlineColor Difference Helper

Tel

0086 755 26508999
24 hours online

Top